講座スタッフ

建設システム工学分野

教員

氏名 職名 専門分野
武若
耕司
教授 コンクリート工学、土木材料学、防食工学、維持管理工学
山口
明伸
教授 構造物ライフサイクルマネジメント、コンクリート構造、劣化診断
三隅
浩二
准教授 土質力学、地盤工学
審良
善和
准教授 コンクリート工学、土木材料学、維持管理工学、腐食防食工学
木村
至伸
准教授 耐震工学、構造動力学
酒匂
一成
准教授 地盤工学、地盤防災、不飽和土質力学
小池
賢太郎
助教 コンクリート工学
伊藤
真一
助教 地盤工学、地盤防災、データ解析

技術専門職員(技術部)・事務補佐員(学生支援室)

中村 達哉 主に測量関連機器のテクニカルサポート
種田 哲也 学科全般のテクニカルサポート
井﨑 丈 主に測量関連機器のテクニカルサポート
愛甲 頼和 主に構造実験・測量関連機器のテクニカルサポート
城本 一義 学科全般のテクニカルサポート
前村 政博 学科全般のテクニカルサポート建設材料研究グループ
赤崎 結佳 主に学科全般の事務サポート

建設システム工学分野

陸域・沿岸域における構造物の設計・施工・維持管理、制振・耐震、斜面崩壊などの災害予測に関連する研究を行っています。

地盤工学研究グループ

三隅 浩二【専門分野:土質力学・地盤工学】

海洋や河川などで水に水没した地盤、例えば、埋立人工島などの地盤の破壊・変形解析に役立つ研究を行っています。 この研究では、まず、地盤を構成する土材料の力学特性について調べることが必要です。 そこで、砂や粘土に対して、三軸圧縮試験(写真)を実施して、土質パラメータを決定しています。 そして、得られた土質パラメータを変形解析プログラムに入力して、地盤の将来変形の数値シミュレーションを実施しています。

三隅 浩二

研究キーワード:土の構成式・弾塑性力学・粘土の圧密・地盤の変形・破壊・三軸せん断試験

酒匂 一成【専門分野:地盤工学・地盤防災】

降雨時の斜面崩壊に関する研究および不飽和土質力学に関する研究を行っています。 降雨時の斜面崩壊に関する研究では、斜面モニタリング、斜面安定解析、室内土槽試験、地盤調査、室内土質試験などに取り組んでいます。 これらの成果から、いつ(時間)、どれくらい(規模)の斜面崩壊が生じるかを予測するためのシステム確立に取り組んでいます。 また、不飽和土質力学に関する研究では、不飽和土の浸透特性や変形特性に関する数値力学モデルの提案や実験を実施しています。

酒匂 一成

研究キーワード:斜面崩壊・不飽和土質力学

伊藤 真一【専門分野:地盤工学,地盤防災】

豪雨時の斜面崩壊に対する危険度を予測するための研究を行っています。現在の日本では、斜面の中の水分量や変位を計測したデータ、全国の地形,地質に関するデータ、さらには、どの程度の雨が降って、どこで斜面崩壊が発生したかというデータなど、様々なデータが大量に蓄積されています。本研究室では、データ同化手法や機械学習といった方法を使って、それらのデータを有効活用し、斜面崩壊の未然予測に役立てる研究をしています。

伊藤 真一

研究キーワード:斜面崩壊・データ解析

構造工学研究グループ

山口 明伸【専門分野:構造物ライフサイクルマネジメント、コンクリート構造、劣化診断】

人間の場合、健康を維持するためには日ごろの体調管理と定期的な健康診断が重要であり、何らかの原因で健康を害した場合は、その程度に応じて適切な内科的あるいは外科的治療が施されます。 コンクリート構造物も人間同様、各種の病気や怪我をすることがありますし、さらにはゆっくりとした老化現象も進んでいきます。 しかも人間と違って問診が出来ず、また外見上の変化を生じないまま劣化が進行することも多いため、その診断や治療はある意味でより困難と言えます。
本研究室では、構造物を壊さずにその健全度を診断あるいは監視する最新技術、シミュレーションによる予測手法、さらに状況に応じた補修や補強工法などについて研究しています。
(写真は、鹿児島湾で試験中の模擬コンクリート構造物の健全度調査状況)

山口 明伸

研究キーワード:コンクリート構造物・非破壊検査・モニタリング・長期性能予測

木村 至伸【専門分野:耐震工学,構造工学】

巨大地震は、我々の日常・財産・思い出等を一瞬にして奪い、人命を危険に晒します。 また、巨大地震の後には余震が発生する可能性があり、余震規模によっては構造物の損傷が拡大する可能性もあります。 構造物の崩壊を防ぐために、本研究室では数値シミュレーションを用いて、地震を受けた構造物の挙動や損傷、また、損傷を受けた構造物に対する余震の影響を把握し、構造物の耐震性を向上させるための研究を行っています。

木村 至伸

研究キーワード:耐震性能評価・動的相互作用・非線形地震応答解析

小池 賢太郎【専門分野:コンクリート工学】

海洋環境に位置する鉄筋コンクリート構造物は、海水中に含まれる塩化物イオンがコンクリート中を浸透し内部鉄筋を腐食させる、いわゆる塩害の脅威に晒されています。 本研究室ではこの塩害について「コンクリート中を塩化物イオンはどのように浸透して、どれくらいの速度で鉄筋が腐食するのか」や「鉄筋腐食により構造物の力学的性能はどれだけ低下するのか」等、 材料工学・構造工学の双方の視点に基づいた研究を行っております。 (写真は蛍光X線分析によるRC橋表面に付着した塩分量の調査状況)

小池 賢太郎

研究キーワード:塩害、塩分浸透、水分移動、残存性能評価

建設材料研究グループ

武若 耕司【専門分野:コンクリート工学,土木材料学,防食工学】

土木工学の重要な仕事の一つは、道路の側溝のような小さいものから、本州四国連絡橋や東京湾横断道路のような超大型のものまでの様々な規模の社会基盤構造物を建設することです。
これらの構造物は、長いものでは100年以上の間、その使用環境において様々な物理・化学的作用に耐えなければなりません。 例えば海洋環境におけるコンクリート構造物では、波浪や水圧等による外力作用やコンクリート中への塩分浸透による内部鉄筋の腐食反応などが考えられます。 しかも今日の土木技術の発達に伴い、深海や高熱地帯など、これまで以上に苛酷な環境に各種の構造物が建設されることも増えています。
このような環境に応じたコンクリート構造物の劣化現象のメカニズムを理論と実験により解明し、その劣化の進行を低減あるいは防止するための新しい材料や技術の開発を行っています。
(写真は、本研究室で開発したシラスコンクリートが高温温泉環境に建設される丸尾の滝橋の基礎に使用された例)

武若 耕司

研究キーワード:コンクリート構造物・耐久性・維持管理・シラスコンクリート

審良 善和【専門分野:コンクリート工学、土木材料学、維持管理工学、腐食防食工学】

「さび」は鋼材を用いた構造物にとって宿命的な課題のひとつです。海洋は海水の影響を受けるため、腐食に対して特に厳しい環境となります。 このような環境下にある構造物を安全に長く利用するためには、「さび」を防ぐ技術(防食技術)を上手く利用しなければなりません。
設計から撤去・更新までのライフサイクルの中で適時適材適所での対策(防食、補修など)が求められます。このような効果的かつ効率的な維持管理の実現はコストの縮減にもつながります。 そこで、本研究室では、腐食問題を中心に、コンクリートおよび鋼構造物の劣化進行メカニズムの解明および劣化予測手法の構築や点検診断、補修補強技術の高度化を目指した研究を行っています。 (写真は、鹿児島湾(鹿児島市)で実施している暴露実験施設)

審良 善和

研究キーワード:コンクリートおよび鋼構造物、維持管理、腐食防食、耐久性